金庫のカギをさらに強固なものにしたいと思う

飲食店を経営しているという事情から、売上金などを保管するために金庫を所有しています。普通の家庭であっても預金通帳や印鑑などを金庫にしまわれているところも多いと思いますので、自営業を行っている人間としてはやはり金庫くらい持っておくのは当然だと言えるでしょう。しかし、自営業者としてはただ単に金庫を持っているだけでは安心だとは言えません。なぜならば、簡単なカギの作りであればその金庫はその作りと同様に簡単に解錠されてしまうからです。

例えば昔ながらのダイヤル式金庫であれば、音を聞くだけで解錠できてしまうじゃないですか。ですから、そのような不足の事態が起こらないように金庫のカギをさらに強固なものにしたいと思います。

しかし、金庫のカギをセキュリティの高いものに交換するべきなのか、それともカギのためだけに金庫そのものを交換するべきなのかとても悩ましいところです。できれば大掛かりな金庫の移動などを行いたくないので、金庫はそのままでカギの部分だけを取り替えする施工が理想的ではあります。かといって、これまで生きてきた中で金庫のカギの部分だけを取り替える施工をしたなんていう話を聞いたことがありませんので、それが可能なのかはまだわかりません。その点については、とりあえずホームセンターか街のカギ屋さんにでも相談してみようかと思います。

どちらの方法によってでも、カギを強固なものにできれば、たとえ店の閉店後に泥棒が入ったとしてもその金庫を開けることはできないでしょうし、たとえ開けられるだけの技術を持った泥棒だったとしても複雑なカギほど解錠に時間が必要になります。そうなれば、確実にお金を盗むまでの時間がかかりすぎ、嫌になって撤退してくれると思います。やはり事業を行っている以上、お金の保管にはかなり気を使ってしまいますので、金庫のカギの質を上げるくらいのことはしっかりと行っておきたいものですからね。